そら豆のおつまみ

子供のころはそら豆が嫌いだった。だって、なんだか独特の味だったし、ゆでている時のにおいも好きではなかった。

ところが大人(十分すぎるくらい大人)になった今は、春になるとそら豆が恋しくて仕方ない。
そら豆を食べないと春を迎えた気分になれないくらいだ。

そんな、そら豆の食べ方でも最も簡単なレシピを紹介。

食材

  • そら豆 好きなだけ
  • 塩 少々

レシピ

  • そら豆にまっすぐ切れ目をいれる。(写真参照)
  • お湯を沸かして塩を小さじ1,2杯ほど入れて3分ほど茹でる。
  • ざるにあけて水を切ったら、塩をふりかける。

そら豆はさやに入っているものを買った方がいい。
鮮度が違うし、旨味も違う。

ゆでた後に枝豆にみたいに塩をぱらぱらふってしばらくすると味がしみて美味しくなる。

そら豆の黒い部分に切れ目をいれるのが一般的かもしれないけれど、塩をかけて、枝豆みたいにツルッとたべるのであれば、大きめに縦に切れ目をいれた方が食べやすい。熱いうちに塩をふれば、その切れ目からちょうどいい加減で味が染み込む。

この食べ方がまた、シンプルで美味い。
夏が枝豆なら春はそら豆だ。

今回鍋で茹でる方法を紹介したけれどじつはルクエを使うともっと簡単だ。

ルクエにそら豆と水50mlくらいをいれて、500wで3分ほどレンジで温めるだけ。
鍋も使わず、調理の時間も短縮、節エネにもなっていいのでおすすめだ。