シラストースト

 

シラストーストといえば、おつまみの定番だけど、それをさらに美味しくできないか研究を重ねた結果、激ウマのシラストーストのレシピを編み出した。
しかも、いつもどおり簡単なレシピだ。そして身近な食材で作ることができる。

食材

  • シラス 好きなだけ、トーストにたっぷりのせるくらい。
  • 食パン1枚
  • 玉子1個
  • チューブのニンニク少々
  • ピザ用チーズ少々
  • オリーブオイル 少々

レシピ

  • まずは、目玉焼きをつくる。油はオリーブオイルを使う。
  • 白身がかたまり始めたら、玉子の上にチーズを載せ、フライパンに少量の水をいれ蓋をして蒸すようにして目玉焼きを作る。火は弱火に。
  • 黄身が半熟になってチーズが溶けたら目玉焼きを取り出す。
  • このタイミングで食パンを焼き始める。
  • フライパンに再びオリーブオイルをいれて、チューブのニンニクを入れたあと、シラスを1,2分炒める。※くれぐれも炒め過ぎないように!
  • 最後にパンにシラス、目玉焼きの順でのせる。

ポイントは目玉焼きを作るときに水を加えて蒸すようにして作ること。チーズもほどよく溶けるし、黄身の半熟の加減もよく、白身もなめらかになる。

普通のシラストーストとどこが違うのかというと玉子が乗っていることくらいなのだけど、その差は大きい。美味しさが3倍くらい違う。

特に半熟の黄身に差し掛かって、トローッと黄身がシラスに混ざった時は最高の瞬間だ!

チーズものせているので、味がより濃厚になっておつまみ力が上がる。1枚でビール2本はいける程のおつまみ力だ。

白ワインにも合う。(ビールのブログなのに最近白ワインに合わせるおつまみが多い気がするのは気のせいか?)

おつまみ力が高くて、しかも身近な食材で簡単に作れる。カロリーも朝ごはん並のカロリーでヘルシーだ。