渋谷の小肥羊(シャオフェイヤン)にて火鍋とチンタオビール

2009年10月22日
だんだんと寒くなってきた。

寒くなると風邪を引きやすくなるので気をつけなくてはいけない。

そんな風邪予防にぴったりなのが、渋谷のセンター街のはずれにある小肥羊(シャオフェイヤン)の火鍋だ。

ニンニクもゴロゴロはいっているし、八角とか、クコのみとか、みたことがないような漢方の食材がこれでもかと大量にはいっているからだ。

小肥羊(シャオフェイヤン)これを食べるといつも元気になる。

元気になりすぎて眠れなくなるくらい元気になる。

オススメなのは小辛。小辛でもかなり辛い。

そのスープに薄切りのラム肉をしゃぶしゃぶのように浸して食べる。

小肥羊(シャオフェイヤン)おおおお、美味、、、

箸が進むにつれて体のそこから元気がでてくる気がする。

ほんとクセになる、やみつきになるウマ辛さ。。。

ちなみに唐辛子と山椒は網状のオタマでフィルターしながらスープを飲むのが吉。
そうしないと辛くなりすぎて胃への刺激が強すぎる。

最初のいっぱいは、普通の樽生をいただきますよ。

ビール小肥羊(シャオフェイヤン)のロゴ入りのグラス。連鎖店とはチェーン店のことか?

普通のビールもいいけどやっぱり火鍋に合わせるのは、青島ビールでしょう。

チンタオビールこの微妙な甘さがこの辛い火鍋と良くあうのだ。

あ、あと、ちょっとたったら唐辛子とかは全部オタマですくい上げて取り出した方がシメのおじや、または麺が美味しく食べられるのでおすすめ。

最後の方になったら、ふっくら柔らかく煮えたニンニクをすりつぶしてスープに溶かして飲むと最高に美味いし、元気がでる。

栄養ドリンクを飲んだよりも元気がでるような気がするのは僕だけか?