クラフトビアバーでラーメンを堪能

2009年12月 7日
気分的に疲れているときにはクラフトビアバーに限る。
子供が産まれたり、出張ラッシュで最近は行けなかったので久々来店。

今日を狙ったのは訳がある。ラーメンねらいなのだ。
豚バラ軟骨や鶏肉を煮込んだ週末限定料理がでた後のみに食べることができる貴重な限定料理なのだ。

まずは、あせらずに箕面のペールエールでエンジンを暖める。

箕面ビール ペールエールしっとりしていて、じわーっと苦味がきいてきて美味い。

いきなりラーメンにいくのも風情がないのでまずはソーセージの盛り合わせでグビグビビールをいただく。

ソーセージよく考えたらいつも限定料理ねらいで定番料理を食べるのは珍しい。

つづいていただいたのがハーベストムーンのクリスマスポーター。

クリスマスポーターアルコール感がけっこうでている。

甘味が強いのでホップ星人にはむいていないかもしれないがクリスマスというイメージにはぴったり。

ほろ酔い加減になってきたところで、体が塩分を欲しがり、いまこそラーメン!という絶妙のタイミングに突入。

細麺、縮れ麺のチョイスがあったが、縮れ麺をいただく。

限定ラーメンマスターが自慢しているだけのことはあり、かなりの美味しさ!!
数多くのラーメン店を訪れているがトップレベルの美味しさだ!

先週末限定料理だった豚バラ軟骨の旨味がこれでもかというほど溶け出している。

ただ問題なのはここはバーだ。ラーメン屋ではない。いいのだろうか?
たぶんいいのだろう。
おいしければ正義だ。

信じられるものが少なくなっているこの世の中でもっとも信頼できるものの1つはクラフトビアバーのマスターの味覚だと思う。

ちょっと飲み足りないので最近はまりだしているシングルモルト。
今週のサービスモルトのGLENGRANTをいただく。

シングルモルトハードリカーの中ではシングルモルトウィスキーが一番体にあっている気がする。

ひさびさの来店なのでまだまだ飲み足りない。
岩手蔵IPAをオーダー。

岩手蔵ビール IPAつまみがなくなってきたので、麦イカを注文。

麦イカ荒々しい濃いホップと最後にのこる生ホップ感。
美味い。

そして麦いかとの相性が抜群。
ワタの部分のコクのあるねっちょり感がたまらなく旨い。

なんでかはわからないが店と自分の相性ってあると思う。そんな中でもっとも相性が合い、リラックスできる店がクラフトビアバーなのだなーとつくづく思う。

お店情報:
CRAFT BEER BAR(クラフトビアバー)
横浜市中区太田町2−31−3 コーポサンライフ太田町102

コメント(2)

おかえりなさーーい!
ラーメン美味しそうですね。
むぎゅぎゅぎゅ。是非行ってみなければ!!!

Sponge Bobさん、どうもご無沙汰です。
更新にかなり間が開いてしまいました。

シンガポールとインドと香港ともう一回アメリカのビールの記事がまだアップできていません。

禁断の「後から更新」をしますのでお楽しみに!

クラフトビアバーのラーメンは相当いいですよ。
結構マスターの気まぐれなので常にブログをチェックしておかないとなかなかありつけませんが。