オーストラリアビール紀行その1 - オーストラリアンホテルでビールとカンガルーピザ

2008年12月20日
だいぶ前のことだけど、オーストラリアに出張に行くことがあったので、有給をつなげて、シドニービールツアーに行ってきましたよ。

意外に知られていないがシドニーには多くのマイクロブリューワリーが存在するビールの街なのだ。

ホテルにチェックインをすませるやいなや、向かったのはオーストラリアンホテル (The Australian Hotel)

ちなみにホテルといってもホテルではない。
ガイドブックによるとオーストラリアで禁酒令がでていたときに捜査を逃れるためホテルという名前にしたのが由来のようだ。

実際にホテルとして泊まれるところもあるようだけど、メインはパブ。

場所はちょっと分かりづらい。
階段をのぼり、山の上までえっちらおっちら進んでいくとようやくお店が見えてきた。
土曜のお昼なので、外でビールを飲みながら語っている人たちの姿が見える。

オーストラリアンホテル天気が最高に気持ちいいので、僕も外で飲むことにする。
青空の下飲むビールは最高に美味いのだ。

syd2.jpg注文はキャッシュオンデリバリー。店の中で注文のたびに精算。

歩き回ってのどが渇いたので、まずはラガーからいただく。
注文したのは、Scharers lager

Scharers Lager ビールフルーツ(ラズベリー?)のような甘酸っぱさと水のようなさっぱりしたキレ。
苦みがほとんどない。

まさに歩きっぱなしで疲れた今の僕にぴったりのビール!

そしてつまみに注文したのが、なんと!! 
カンガルーのピザ!!!

カンガルーのピザさすがオーストラリア!

たいていこういうものは観光客向けに用意されているのだけど、この店は地元の人が結構いそうだから実は地元で人気なのか??

味の方はというと、赤身の牛肉といった感じだ。
ペッパーがまるごとのっていてなかなかスパイシー。
ビールのお供にはいいかも。

この店に訪れたら土産話に食べてみてほしい。

続いて飲んだのが、BURRAGORANG BOCK

syd5.jpgこのボックもまたベリーのような香りがする。

カンガルーのピザは結構ボリュームがあり、ビールがどんどん進む。

最後の1杯は、beez neez

syd6.jpgこれがまた不思議な味がするのだ。パンみたいな味。
酸味が若干強いがさっぱりしていて、後味に小麦の味が残る。

変わった味だがこれまたクセになる。

それにしてもこの快晴の空の下ビールを飲むのは気持ちいい。

オーストラリアビールの旅はまだまだ続きます。

その2へ続く

お店情報:
The Australian Hotel
100 Cumberland Street, The Rocks, Sydney 2000

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://umai-beer.com/mt-tb.cgi/123

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

・外食日記とオーストラリアワインの話 - オーストラリアンホテルで美味しいビールに出会う (2008年12月22日 08:43)

お腹いっぱいになったので、観光再開。ボンダイジャンクション〜〜ワトソンズベイ〜〜サーキュラーキーワトソンズベイは、ギャップやサウスヘッドなど観光ポイント目... 続きを読む